メンズ脱毛で清潔感UP

ムダ毛は脱毛がおすすめ!

名古屋のメンズエステで濃いヒゲを脱毛!

2020-12-28

ヒゲで悩んでいる男性は多いのではないでしょうか。職業によっては毎日剃らなければいけませんし、肌が弱い人は肌荒れやカミソリ負けをして大変ですよね。そんな私も長年ヒゲで悩んでいました。そこで、実際にヒゲを脱毛した体験談を紹介します。

どのような経緯で脱毛したのか、実際に脱毛期間中起こった変化やメリット、デメリットを紹介します。

ヒゲの悩み

私は社会人になってから営業マン一筋で、当たり前のようにヒゲを剃り、当たり前のようにスーツを着て出社していました。生まれつき肌が弱く、アトピーなどの病気はありませんでしたが、カミソリ負けは日常茶飯事です。

近年はヒゲを剃らなくてもいい企業が増えていますが、私のように客前に顔を出さなければならない営業マンは、ヒゲを伸ばすことを良しとされません。ヒゲがまあまあ濃いため、朝ヒゲを剃らなければ半日後にはうっすら顔を出してしまいます。

肌が強ければ苦にならなかったでしょう。しかし、私はヒゲを剃ると肌が赤くなり、酷いときは血が出てしまうのです。対策として肌に優しいシェービングクリームを試したり、保湿力に優れたクリームや化粧水を試したりしましたが、どれも一時的でほとんど効果がありません。

効果があったのは、傷口に塗ったオロナインくらいです。特に夏は悲惨で、どれだけ保湿しても汗で荒れた肌がヒリヒリし、赤みも増してきてしまいます。これから何十年もヒゲと付き合いたくないので、社会人になってある程度お金が貯まったため思い切って脱毛してみることにしました。

店舗選びからカウンセリングまで

すぐに店舗を決めて1秒でも早く脱毛したい気持ちはありましたが、店舗選びに難航しました。脱毛方法はすぐにレーザーに絞れましたが、扱っている店舗が多すぎるだけでなく、メンズクリニックやメンズエステなど男性専門の店舗まであります。

1件1件口コミや体験談を見ましたが、正直施術内容や料金は似たり寄ったりなので、悩んだあげく、自宅から一番近い店舗に決めました。カウンセリングは1回のみでしたが、いろいろ聞かれます。持病の有無や肌の状態などです。

盲点だったのは頬の産毛のような毛で、ヒゲを永久脱毛したら目立つ場合があるとのこと。幸い私はよく見ないと生えているのか分からない程度の産毛だったので問題ありませんでしたが、少しでも濃い方は数回レーザーを当てた方がいいかもしれません。

肌に異常が出ないか軽くテストをしてカウンセリングは終了です。

脱毛開始からつるつるになるまで

脱毛範囲はあごと鼻の下だけだったので、1日で全ての部分を照射できました。ちなみに、レーザーは黒い部分に反応するため、脱毛前にヒゲを剃らなければなりません。ヒゲを伸ばしたままだと毛根の黒い部分に届かず、表のヒゲが焼かれるだけと言われました。

テストのときはあまり感じませんでしたが、場所によって痛みを感じます。鼻の下は結構痛かったです。5ミリほどの厚さがあるゴムで弾かれたような痛みで、レーザーを照射すると「ばちっ」という音もします。あまりお金を掛けたくなかったのでクリーム麻酔は遠慮しましたが、普通に痛いので2回目からは塗ってもらうことに。

1回目が終わってから2週間ほど期間が空き、3連休もあってヒゲを伸ばしていましたが、前よりも太い髭が生えてきました。これは口コミや体験談を読んでいたのでびっくりしませんでしたが、ヒゲを剃ってみると明らかに剃りやすくなっていることに気付きます。

毛が膨張しているような感じです。そこから2ヵ月程度で目に見えて毛が細くなっていくのが分かり、ヒゲ剃りのペースが毎日から3日に1回程度までに落ちました。毛根が弱っているせいか、ヒゲが生えてくるスピードが遅くなります。

ただし、毛根には周期があり、均一に細くなるわけではありません。若干濃い部分もありますが、先生に相談したら周期が1周すると目立たなくなると言われました。半年経つと、ヒゲ剃りは1週間に1度で済むようになります。

少し生えても細いため目立ちません。ヒゲ剃りの回数が落ちたため、肌荒れも週に1回で済みます。半年経過してからは脱毛ペースが減り月に1回となりましたが、完全に毛根が死ぬまでレーザーを照射しないと、将来的に濃くなってしまう可能性があると言われました。

結局1年弱通い、毛根が死んだことを確認して終了です。最初はあれだけ痛かった鼻の下の脱毛も、3ヵ月程度でほとんど感じなくなり、最後の3ヵ月は全く痛くありません。レーザーを照射する際に発する機械音のような音が耳につくだけです。

レーザー脱毛のメリット

一番のメリットはヒゲ剃りから解放されることです。特に濃い方は剃るスパンが短く、毎朝時間を取られてしまいます。その時間が空くので、毎朝ゆっくり食事をしたり、準備したりすることができるためストレスが減りました。

また、肌が弱い方はカミソリ負けを気にしなくてもよくなりますし、汗をかいてもヒリヒリすることがなくなります。乾燥肌でない限り、化粧水を毎日付ける必要はありません。最初は痛い思いをするかもしれませんが、回数を重ねるうちに痛みが減りますし、実際に毛が細くなっていることを自覚するようになると通うのが楽しみになります。

カミソリ負けして不自然に赤くなった肌や、ヒゲの剃り残しや夕方に生えてくるプツプツした毛が無くなったため、周りからの評判も良くなりました。

レーザー脱毛のデメリット

永久脱毛なので、ヒゲを伸ばしたいと思っても伸ばすことができません。途中でやめても毛の周期が1周するまではまだらになったり、生えるスピードがバラバラになったりするので、元に戻るまで数種間~数ヵ月掛かってしまいます。

さまざまなクリニックやエステではプランによって割引が適用されますが、ヒゲの場合は最低でも5万円は掛かります。また、濃い人は永久脱毛が完了するまで半年以上かかるため、気長に待たなければなりません。即効性を求める人はニードル脱毛がおすすめです。

お金をかける価値あり!

地道に通い続け、つるつるになった肌を手に入れたことを考えると、高いお金を払って1年弱頑張った甲斐がありました。肌が弱くなかったらここまで達成感を感じることはなかったと思いますが、ヒゲ剃りを考えなくてもいいというだけでも毎日が楽だと思います。

一時的に出費は増えますが、迷っている方は思い切って脱毛してしまうことをおすすめします。

関連サイト…HAloss > 名古屋脱毛メンズ